古い記録より「485系ひたち」
f0056081_20462229.jpg

f0056081_20462222.jpg


またまた古い記録シリーズになります。撮影時期はこれまで同様1979年~1980年と思います。
はっきりとした記憶は「とき」などと同日撮影という事だけです。
この記事では「485系ひたち」を掲載します。二枚とも同一編成です。
一枚目は上野方のクロ481です。このタイプには新造と先頭車化改造車が存在しましたが
データを全く記録していない為不明です。
二枚目は貫通型のクハ481の200番台です。ちゃんと下まで写ってません(泣)
この頃は両サイドで先頭車の形態が異なる事も珍しくなかったので面白かった思い出があります。



........ Ads by Excite ........
[PR]
by wonderfulscarlet | 2012-02-23 20:46 | 古い鉄道記録(昭和編) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://scarlet11.exblog.jp/tb/17231843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vanagon714 at 2012-02-23 21:39
クハ481、ボンネット型に対して貫通型は200番台と子供の頃に覚えましたが
貫通型の形で非貫通が出るとは思わなかったです。
181系に比べて新しい分?前頭部の傷みが少ないようですね。
さらによくよく見比べるとクロ481のライトベゼルはクハ181より
一段低いということに今更ですが気が付きました。
「ひたち」は乗車したことがありませんが「フレッシュひたち」に乗車したことが
あります。
Commented by wonderfulscarlet at 2012-02-23 21:54
>>vanagon714さんこちらにもコメントありがとうございます。
181系に比べて、痛みが少ない事やライトベゼルが低いという事は
485系の方が181系よりも車高や最低地上高が高い事に起因します。
当時ライトの方は各系列で出来るだけ光軸の位置を合わせていた様です。
485系が面白いのはやはり先頭車のバリエーションの多さですよね(^^)
私も非貫通まで出たのは当時驚きました(^^)
Commented by vanagon714 at 2012-02-23 22:05
再びおじゃまします。
なるほど、光軸を合わせていたとは知りませんでした。
座高が上がった分だけライトベゼルを下げたということですね。
赤いチョビヒゲは視覚バランスが崩れたのを補正するために付いたのでしょうか?
Commented by wonderfulscarlet at 2012-02-23 22:17
>>vanagon714さん
再びコメントありがとうございます。
ヘッドライトの件は、東海道線特急黄金時代に、運転士が異形式に乗り渡っても
視覚的に差異が発生しない様にするのが始まりだったと言われています。
ヒゲは元々、連結しているモハを識別する事が目的でした。
細かくは失念しましたが481系483系485系によって異なっていた様です。
Commented by vanagon714 at 2012-02-25 00:20
こんばんは。
何度もすみません・・・
クハ481のヒゲがどうも気になって改めて調べてみました。
というのも「国鉄電車ガイドブック」にはヒゲの話が全く出てこなくて
60Hz車(481系)用クハが赤スカート、50Hz車(483系)が
クリームのスカートとしか記載されていません。
そこでウィキで調べてみたところヒゲは交直両用を表す意味で後に追加されたのだそうです。
当初481系用クハはヒゲ無し、スカートは赤一色だったらしいのですが
この時点で483系はまだ登場してなくて赤いスカートの色に区別の意味はさほど無かったようですね。
483系登場時に赤いスカートにクリームの帯を入れて、改めて見分けるための
塗装と意味付けしたようです。
なんともややこしい話ですよね~
長文失礼しました。
Commented by wonderfulscarlet at 2012-02-25 08:10
>>vanagon714さん
おはようございます。
お調べ頂きありがとうございます。
私も485系に関して詳しく掲載がある鉄道ファンを持っていた筈なのですが
なかなか出てこなくて(泣)
最初は同じ運用に就いていた直流の151系、161系と確実に見分ける為に始まり、その後483系、485系と登場するに至り、その見分けにという感じで載っていたと思います。
東北上越新幹線暫定開業後、東北と九州で大規模な転配がありその際、ひげなしクハが多く「ひたち」に入り、クロは九州に行っています。
ひげなし「ひたち」も撮っていた気がします。
Commented by tunnel no-2 at 2012-02-25 19:32 x
”ひたち”これも懐かしいです。常磐線は”みちのく”や”ときわ”で通したことがありますが、”ひたち”は無かったです・・・・。
485系も調べるととてもややっこしいですね~~。クハ481ボンネットが”オデコ”に見えるのは大きなスカートのせいかと思っていましたが実際そうだったんですね~~。今更気がついたこといっぱいです。ありがとうございます。
手元の写真を調べると”ヒゲなし”ひたち”ありました~。まったく気がつかずです。
Commented by wonderfulscarlet at 2012-02-25 21:07
>>tunnel_no2さん
多くのコメントを頂き恐縮です。
ひたちは晩年は初期ボンネットが寄りあつまりましたね。
最晩年は、色も形も残念な感じに変わってしまいましたが、そうなる前はとても壮観でした。
ひげなしは、転入後一年間以内にひげつきになってしまいましたが、貴重なシーンで、これまたちゃんと記録をしていないのが悔やまれます。
後程掲載しますが、なんとも微妙な出来なのです(泣)


<< 古い記録より「485系あいづ」 古い記録より「489系白山」 >>