113系1000番台初期車
f0056081_2120520.jpg

113系1000番台 マリ255 クハ111-1313ほか (既廃車) 千葉駅 04年

急速な209系の進出で、数を減らし続ける房総の113系ですが
やはり、房総ゆかりの初期車が居た頃が1番面白かった様に感じます。
[PR]
by wonderfulscarlet | 2010-06-13 21:20 | JR東日本 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://scarlet11.exblog.jp/tb/13961526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vanagon714 at 2010-06-14 23:52
こんばんは。
やはりこの顔、この形がいいですね。
こちらの711も基本同じ顔ですが、素晴らしいデザインだなあと思います。
Commented by wonderfulscarlet at 2010-06-15 22:39
>vanagon714さん
コメントありがとうございます。
レスが遅くなりまして申し訳ありません。

近郊形や急行形といえば、この前面形態が全国に行き渡る程の
スタンダードフェイスである意味、究極の完成形ですよね。
画像の車両は、元はライトがデカ目をシールドビームに改造し、
更には前面強化の為に鉄板補強を受けているので
だいぶ整形顔になってしまっていますが
それでも良い雰囲気は残っている感じです。
今度、別の車両画像もアップしますね。
Commented by N565 at 2013-05-03 21:09 x
初期の1000番台といえば、ドア開閉時のエアーの音が地下乗入れ車と違った事、客室内に扇風機スイッチが非冷房車時代に取り付けられていたのが思い出ですね、あと国鉄マークの灰皿。
千葉-木更津 茂原 成田 成東の禁煙ステッカーも懐かしい思い出です。
Commented by wonderfulscarlet at 2013-05-03 22:14
>>N565さん
コメントありがとうございます。
初期の1000番台はメカニカル的には地上仕様車と、ほぼ一緒ですからね。
味的には初期の1000番台の方が魅力ですね
扇風機スイッチは末期は回路が切られていて、なんだか寂しい思いをした記憶があります(泣)


<< N551 サイレン >>